グスタフの公演のお知らせ

3月17日㈯18日㈰に昨年に引き続きまして

グスタフ公演夢幻能劇に出演いたします。

織田信長、豊臣秀吉、明智光秀、徳川家康が登場し、劇中で私が能を舞います。

昨年は羽衣でしたが、今年は敦盛です。

殺陣もあり、能の太刀の型との比較が面白いと思います。

日頃と違う松木千俊をご覧いただければ幸いでございます。お申込をお待ち申し上げております。詳細はご連絡いただければお知らせ申し上げます。何卒宜しくお願い申し上げます。

 

御神渡り

昨日は諏訪の講座と子供教室でした。(私は朋之会で伺えませんでしたので、崇俊がまいりました)

諏訪では今年久しぶりに御神渡りが出来ました。是非見たかったのですが、かなわず残念でした。

崇俊が代わりに見てきました。感動しておりました。

青葉の森公園芸術文化ホールでの能狂言観賞会

昨日、千葉県青葉の森公園芸術文化ホールにて「能と狂言鑑賞会」が行われ、多くお方にご来場賜り

誠にありがとうございました。

狂言 附子 小笠原匡氏

能 安達原 松木千俊

 

能や狂言は多くの方々が敷居の高い、退屈で難しいものというイメージを持たれ、本物の能の舞台を鑑賞される方が少ないのが現状です。

能楽師の私は、初心を忘れず一生懸命舞台を勤めるとともに、松の会の活動と致しまして、

日本の古典芸術「能」を子供達をはじめ多くの年齢層の方や、また世界各国の方々にも興味を

抱いて頂けるよう努力し、「能」というものを伝承して参りたいと思っております。

松の会の活動の一環と致しまして、無料公演を実現させて頂きました。

賛助会員制度を設けさせて頂き、ご賛同頂きました方々のお力添えを賜りまして、様々な活動をしております。

受付後方フロアにて松の会活動報告とご案内そしてオリジナルグッズの松乃居・クリアファイル、葉書きなども展示しました。

2階の展示室には、今週末までに、能にまつわる歴史・能面・扇子・囃子などが説明展示しております。つづく

坂城

ちょっと暖かくなったかと思ったら、昨日からまた寒くなりました。

ただ陽は長くなりましたね。

早く汗ダラダラの夏になってほしいと思う毎日です。

さて先月の檀の会での卒都婆小町のあと、能に対して以前と違う感覚が芽生えた気がします。

地謡を謡っていて能の素晴らしさを改めて感じました。先月勤めた羽衣、一昨日国立の公演での花筐、武田の財団主催の清経、表現しにくいのですが、ステキな感動を感じました。

大曲を披くというのはそういうことなのですね。感謝申し上げます。

今日は坂城でした。

毎回着ている袴の丈が短くなってきました。子供達が体とともに心も成長しています。素晴らしいことです。

 

練馬の講座

いよいよ平昌オリンピックが開幕ですね。

日本の選手の健闘を祈っております。

昨日は練馬の講座でした。テーマは4月に勤めます、竹生島でした。

夜はシダックスの志太様と深大寺のご住職との会食でした。

お二人のお話しはとても深いお話しで、心に刻むことばかりでした。

5月25日は深大寺薪能です。


日光

今年初めての日光のお稽古でした。

日光にお伺いして、今年で32年目になります。

ありがたいことです。感謝申し上げます。

今日は東京も寒かったですが、日光はレベルが違う寒さですね。

長野より寒いと思いました。靴の中の足がつめたい、手が動かない、

このままだと凍るんだなあとおもいました。

ただ再来月は弥生祭です。

春はもうすぐです。

 

新年会

今日は松謳会の新年会でした。

毎年1月に檀の会がありますので、20年以上前から2月に新年会をさせていただいております。

皆様と高らかに8曲を謡いました。

今年は私の独立30周年と松謳会創立85周年の特別な年です。

6月に観世能楽堂に於まして松謳会大会の開催予定です。

今日は節分ですね。

崇俊と豆まきをしました。中庭にある佐渡で頂いた雪割草がつぼみをつけました。

もうすぐ咲きそうです。

早く暖かくなってほしいです。