新橋ワンコイン講座

昨日は今月最後のワンコイン講座が新橋で開催されました。

今月のテーマは羽衣です。

5月25日深大寺薪能で勤めます他に、6月9日の松謳会でも羽衣の能が出ます。

羽衣は私自身の指針の曲だと思っております。60代、70代になっても羽衣を舞えるよう精進したいと思います。

坂城能楽教室の修了式

今日は29年度坂城能楽教室の修了式でした。

みなさん一生懸命にお稽古され、昨年8月の坂城薪能をはじめ、数多くの催しで発表してくださいました。

小学生ではじめた子が高校生になったと聞きますと、感慨深いものがございます。

今回で一応の区切りをつけてやめられるお子さんもおられますが、心の中にずっと残ってくれると信じております。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

船橋ワンコイン講座

昨日は船橋のワンコイン講座でした。

テーマは羽衣についてでした。

5月25日に深大寺薪能で勤めます。また6月9日の松謳会でも羽衣の能が出ますので、このテーマにさせていただきました。

羽衣という曲を私はとても重要な曲だと思っております。

30周年の節目の年に勤められること身が引き締まるおもいです。

印西のワンコイン講座

 

 

 

 

 

 

 

今日は初めての印西でのワンコイン講座でした。

沢山のご参加をいただき感謝申し上げております。

今日はほかの講座と違い、初めてなので、能について全体的なお話をさせていただきました。

ほかの講座と同じよう継続できればと願っております。

姨捨の地謡

昨日観世会別会で姨捨の地謡を勤めました。(シテ武田宗和氏、地頭ご宗家)

2時間25分の長時間を忘れるぐらい充実した舞台でした。

昨年の関寺小町に続き、半年で三老女の二曲を謡わせていただき本当に幸せです。

長野の更科を舞台にした名曲ですが、出演者の技量がそろわないと成立しない大曲です。

久しぶりの2時間越えの曲で足がはっておりますが、何か心地よいのが不思議です。

7日は朋之会で竹生島のシテです。あっという間ですね。

明日は初めて印西でワンコイン講座を開催させていただきます。