御墓参り

もうお彼岸過ぎてしまいましたが、今日娘と御墓参りに行ってまいりました。

昨日の雨も上がり、晴れておりましたが、風が強かったです。

桜が開花したそうですね。

来月は長野能で船弁慶、千俊の会で葵上のシテを勤めます。銀座の観世能楽堂が開館します。

素敵な季節に能を舞える幸せを感謝しております。

 

雪割草が咲きました

170319a10年近く前に佐渡でいただいた雪割草(本当の名前は違うそうです)が今年も咲きました。

去年の夏の暑さで枯れてしまったと思っておりましたが、きれいに咲きました。きれいですよね。とても嬉しいです。

いよいよ春ですね。

お彼岸のお墓参りは休み明けに行くつもりです。(お彼岸すぎで申し訳ないです)

 

ビーフシチュー作りました

170318a久しぶりに夕食を作りました。

先日生協で買いました牛のスネ肉でシチューを作りました。

そのほかもやしを電子レンジで蒸して、鰹節とポン酢で和えたもの、ホウレンソウとトウモロコシとむきアサリのバター炒めの3品です。

スネ肉は前回煮すぎでばらばらになってしまいましたので、弱火で煮すぎないようにいたしましたので、見た目よりはおいしくできました。(隠し味に赤ワインとリンゴをすりおろしました)

ところで先週長年読みたかった老子の本を2冊読むことができました。(学習院時代に少し読みましたが、それ以後は全く読む機会がありませんでしたので嬉しかったです)能以外の本を読んだのは久しぶりで楽しみました。ただなかなかむずかしいですね。もっと読む必要があると思いました。

坂城の山村町長様が、老子にとても精通されておられますので、今度お目にかかった時に是非お話を伺いたいと思います。

 

長野能

昨日は長野の稽古でした。

とても暖かい日で前の桜の枝も膨らんでいました。開花が楽しみです。

さて4月1日土曜日は長野能です。

船弁慶の特殊演出の前後之替を勤めます。

船弁慶には前後之替と重キ前後之替という特殊演出があります。

前シテの静、後シテの知盛ととても劇的な能で、ベスト5に入る人気曲です。

この曲は義経が子方として登場します。私も子方で何度も出させて頂きましたが、その中でも

武田太加志先生の子方の思い出が一番印象に残っております。

先輩の小川博久氏独立披露能で、太加志先生が重キ前後之替を舞われ、その子方を勤めさせて頂きました。

太加志先生はこの船弁慶が500番目の能だったそうで、ご褒美のミニカーを特別に2台頂戴しました。

外国製のバットマンの黒い車でした。とても嬉しかったのを覚えております。

今回は武田友志氏のご子息の章志さんです。今はミニカーの時代ではありませんね。どうしましょうかね。

 

 

翠仙会

昨日千葉の西志津のふれあいセンターで翠仙会が催されました。

この会は社中の宮尾冨代様の主催される会で、主に千葉県の愛好者50人の方が素謡、仕舞などに出演されました。

今年で設立29年になり、私も独立29年なので同じ年月になります。

私が伺わせて頂き20年以上になりますが、皆様お元気に頑張っておられ、感心いたしております。

来年は30周年になります。楽しみにしております。

 

 

 

温泉

170311a先日ある方からスミレを頂きました。春ですね。中庭に植えました。

プランターの雪割草も小さい花をつけました。今年は咲かないかなと思っていたのでとても嬉しいです。

明日は毎年恒例の翠仙会(社中の宮尾様の主催する会)が佐倉で開催されます。

明日は朝一番からなので今日は京成のユーカリが丘駅に隣接するホテルに泊まります。

ホテル到着後、隣の臼井に最近オープンした温泉施設に行きました。

天然温泉でかけ流し。落ち着いた雰囲気でとても素敵でした。先日の銭湯に引き続き、大きなお風呂に入ることができ、リラックスできました。

昼間はかなり暖かくなりましたが、夜はまだまだ寒いですね。みなさま体調にはくれぐれも気をつけてください。

ご葬儀

関根祥雪氏(祥六氏)のご葬儀が築地本願寺で執り行われました。

子方時代、内弟子時代、その後と大変お世話になりました。

父と同じ昭和5年生まれということもあり、とても可愛がってくださいました。

ご子息祥人さんの急逝のあともご立派に振舞われたお姿は、忘れることはできません。

お孫様の祥丸様がこれからしっかりと後を継がれると思います。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

坂城のお稽古

170305b170304a今日は坂城のお稽古でした。3月に入って急に日差しが強く感じられるようになりましたが、坂城もとても暖かく過ごしやすかったです。

さて8月の薪能のパンフレットができました。

8月なんてあっという間ですね。

子供達も元気に頑張っております。今回の薪能では子供たちの仕舞のほか、

子供たち、お母様たち、地元の愛好家の皆様で鶴亀の素謡を謳っていただく予定です。素晴らしいです。とても楽しみです。

来年は長野、坂城、諏訪の子供たちとの交流の催しを実現したいと思います。夢は大きく。