大山薪能

昨日と今日は恒例の大山の薪能でした。二日とも良いお天気の下、たくさんのお客様がおいでになりました。

今年から能が1番になりましたが、多彩な神社の儀式のほか、素謡の神歌(翁の素謡バージョンです)、狂言とありましたので、十分な内容だったと思います。

今年で32回目になりますが、このように毎年行われていることは、とても大変なことだと思います。

関係者のご努力のおかげだと思います。今日はご宗家の安達原(あだちがはら)でした。とても素晴らしかったです。

明日は朝千葉の中学校に行き、能楽教室がありまして、そのあと荒磯能で熊坂の地頭を勤めます。明日も充実した1日になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です