玄象の師長

今月は14日に荒磯ギンザ能で熊野のシテを勤めますが、その前の10日(日)に朋之会にて、玄象のツレ師長を初めて勤めます。この役は面をかけずいわゆる直面(ひためん)で、琵琶の名手です。
初めから最後までほとんど床几に腰掛けている役です。直面は1月にご宗家の安宅の同山で勤めておりますが、直面は照れくさく、どうもやりづらいです。
ご覧になられる方は私の顔をじっと見ないでくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。