大谷資料館での撮影

今日は久しぶりにディーバの山口氏による撮影が、栃木の大谷資料館でありました。

初めてまいりましたが、なかなか神秘的なところで素晴らしいところでした。

昔の実家の塀が大谷石でした。ここで大谷石を採石したのだなあとしみじみ思いました。

特別な許可を頂き、採石場跡の地下での撮影でした。

ひんやりするところと生暖かいところと、いろいろな環境で、手伝ってくださいました佐川氏、崇俊の2人は大変でした。

今回の曲は土蜘蛛、山姥、班女、江口、野守を撮りました。

下ががたがたでしたので、地下足袋を履いての撮影でした。とても素敵な写真が撮れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。