葵上

16日に銕仙会の舞台で葵上を勤めます。(会名を千俊の会としました)

調べてみましたら、初演は平成4年12月15日武田同門会(シテ31番目)

2回目は平成12年7月23日武田同門会別会で、梓之出(あずさので)空之祈(くうのいのり)の小書でした。(シテ62番目)

今回は3回目になります。小書は無しです。(165番目)

当初今年の演能の予定にはありませんでしたが、9月に松能会特別公演で道成寺赤頭を控え、その前に同じ般若の面をかける葵上を勤めたいと思いまして、2月に急遽企画しました。

曲は全く違いますが、装束の着方など、各所で共通するところもあり、とても貴重な舞台になります。

今回の舞台が無駄にならないように当日を迎えたいと思います。

今回は前シテの泥眼、般若共 松下弘美様作の面をかけさせていただく予定です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">