長野能

昨日は長野の稽古でした。

とても暖かい日で前の桜の枝も膨らんでいました。開花が楽しみです。

さて4月1日土曜日は長野能です。

船弁慶の特殊演出の前後之替を勤めます。

船弁慶には前後之替と重キ前後之替という特殊演出があります。

前シテの静、後シテの知盛ととても劇的な能で、ベスト5に入る人気曲です。

この曲は義経が子方として登場します。私も子方で何度も出させて頂きましたが、その中でも

武田太加志先生の子方の思い出が一番印象に残っております。

先輩の小川博久氏独立披露能で、太加志先生が重キ前後之替を舞われ、その子方を勤めさせて頂きました。

太加志先生はこの船弁慶が500番目の能だったそうで、ご褒美のミニカーを特別に2台頂戴しました。

外国製のバットマンの黒い車でした。とても嬉しかったのを覚えております。

今回は武田友志氏のご子息の章志さんです。今はミニカーの時代ではありませんね。どうしましょうかね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">