深大寺薪能

今日は深大寺薪能でした。

お天気の心配ない日で、とても安堵しました。

今回の曲は羽衣でした。

羽衣は私にとりまして、とても大事な曲です。

今回で6回目になりますが、いつも勤めるときに大事にしていることが、

シテの いや疑いは人間にあり。天に偽りなきものを。

この謡です。

この言葉はただの謡ではありません。自分自身の心理だと思います。

自分の本心でこの謡が謡えることが大事なことだと思います。

羽衣が私の芸の指針であるゆえんです。

両親からの教えで大事にしている言葉が

挨拶をきちんとする。嘘をつかない。謝る心を持つ。

とても有意義な時間でした。つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です