京都3日目

最終日は崇俊のリクエストで鞍馬山に行きました。

先日の台風で木がかなり倒れ、山が崩れて、途中までしか行かれませんでした。修復にはかなりの時間がかかりそうです。また今週の台風が心配です。

その後貴船神社に行き、川床料理をいただきました。

先日のドラマで鉄輪を勤めましたので、感慨深くお参りをさせていただきました。

その後上賀茂神社、下鴨神社、三十三間堂と行きました。

久し振りに京都を満喫しました。妹夫婦や崇俊、また大勢の方とお話をすることができ、とても有意義な三日間になりました。

義弟がレンタカーを運転してくれ、私は楽をさせてもらいました。

 

 

京都2日目つづき

平等院の近くの宇治駅周辺で昼食をとりまして、そのあと伏見稲荷に参りました。

子供の頃に行きまして以来でした。鳥居はすごいですね。感動しました。

その後東寺に行きました。ここは初めてで、仏像は上野の国立博物館で見ましたが、迫力が全然違いました。心が休まるおもいを感じました。

京都

25日から京都に行ってまいりました。

目的は日頃から大変お世話になっております、京都在住の方々とお目にかかること、

先日勤めました頼政の自害した平等院へ行くことでした。

休養もかねまして妹夫婦、崇俊の4人での旅行でした。

25日の初日は二条城、西本願寺、東本願寺へまいりました。つづく

月並会

昨日頼政を勤めました。

修羅物の中でも難しい曲のひとつだと思います。

なんとか無事勤めることができ安堵しております。

今年のシテはこれで終わりで、来年1月の檀の会の山姥が183番目になります。頑張りたいと思います。

今日は自宅舞台での月並会でした。

富士太鼓、六浦、通小町、土蜘蛛の4曲を皆さまと謳いました。

 

家内の命日

今日9月21日は家内の命日です。

12回忌です。来年は13回忌になります。あっという間でした。

もし存命でしたら、26日の誕生日で還暦になります。

大きな声で、お友達たちとわいわいがやがや騒いでいたことでしょう。

明日は東京観世会で頼政を勤めます。

 

 

大山薪能の魅力講座

昨日は昨年に引きつづきまして、大山の神社社務所に於きまして、大山薪能の魅力講座(伊勢原市立大山公民館主催)に伺わせていただきました。

大山と能、狂言の関係、10月2、3日に開催される大山薪能の話などをお話しさせていただきました。

雨でしたが、50人以上の方がご来場くださいました。

薪能二日ともお天気であることを願っております。私は二日とも出演いたしますが、二日目の3日に道灌の仕舞を舞います。

子方卒業

昨日花影会で武田先生のお孫様の章志さんが望月の子方を勤められましたが、この子方で子方卒業になりました。

中学1年生になられました。すっかり男の子から青年になられました。

私の子方最後の曲は鞍馬天狗の牛若でした(シテは父)。

身長が父を超えていまして、どっちがシテかわからなかったといわれたことを覚えております。この日は鉄道すべてがストで、お客様がごくわずかで、二重に忘れることのできない特別な日でした。

崇俊の子方卒業は平成15年3月19日研究会の海士でした(シテ浅見重好氏)。

子方を卒業ということはこれからは大人としての能楽師の道に進むか、進まないか、人生のなかでとても大事な時期になります。

章志さんが立派な能楽師になられる事、心よりお祈り申し上げております。