日光

今日は日光のお稽古でした。

17日の大祭 弥生祭も近くなり、二荒山神社は準備で忙しいですが、

来週の田母沢御用邸での謡会のお稽古をさせて頂きました。

例年より桜が早いです。

神社の中庭も先月の景色とは全く違いました。華やかさに驚きました。

七輪

e

朝の空気が秋っぽくなってきました。まだ昼間は暑いですが季節は動いていることを感じます。

昨日はあるお囃子方の浴衣会があり、知り合いの方が出演されるので、五反田の池田山舞台に初めて伺いました(拝見に)。前から伺っておりましたが、立派な舞台で驚きました。宝生流のお素人の方の所有だそうで、駅から近く、かなり利用される舞台だと思いました。

さて夜行った居酒屋さんで珍しいものを発見しました。

七輪を見ますと、体外ここに貼られているのは、菊慈童の謡なのですが(なぜ謡曲なのかわかりません)、昨日のものは違うものでした。以前は烏帽子折(えぼしおれ)など何曲かありましたがが最近は菊慈童だけになっておりました。(謡本の出版元の檜書店に伺いましたら、その辺の事は不明だそうです)

現在使われている大成版の文字ではないようで、そして曲がよくわかりません。調べてみたいと思います。

日光

aeaee

昨日は日光のお稽古でした。先月は冬のような寒さでしたが、今回は暑くもなく寒くもなくとても良い気候でした。冷房も暖房もいらないこんな時期は一年通してもそれほど多くないと思います。しかし明日から梅雨入りかもしれません。
梅雨の時期は体は大変きついのですが、喉は最高に良いコンディションなのです。難しいところです。

ところで自宅の舞台の板の隙間が冬の乾燥した時期は空いてしまうのですが、この時期になりますとなくなってきます。(他の舞台も同じです)自宅の舞台は製材するまで60年経っているのですが、木は生きているのですね。さる方から購入したもので、木曽の無垢の檜です。この立派な舞台で稽古できる幸せを感じます。

衣替え

やっと衣替えしました。もう大丈夫でしょう。

今夜はこれから雷雨になるそうです。しかし明日の深大寺薪能は晴れる予報なので嬉しいです。3年連続雨でしたので責任を感じていました。(まだ安心はできません)

本堂の前で行われる薪能の景色はとても美しいです。精一杯頑張ります。

kjlm

去年も書きましたが、自宅近くに昔からある桜が開花しました。ソメイヨシノではなく、白い花でとても良い匂いがします。現在残念ながら工事中で立ち入れません。早くそばでみたいです。

我が家の雪割草が綺麗に咲きました。正式には雪割草でないそうですが、毎年綺麗に咲きます。数年前に佐渡に行ったとき頂きました。我が家の空気が合っているようです。

また去年大和芋を収穫後、中庭に植えておいたチューリップが出てきました。今年はもう少しいろいろ植えるつもりです。

今日は自宅稽古です。明日は東京観世会で巴の地謡を勤めます。師匠のとなりなので緊張します。

どんど焼き

aaaeaaaoaaaw

日曜は長野のお稽古でした。この日は会場の前で、どんど焼きが行われるということで、興味しんしんで見ました。風が強かったですが、中々ダイナミックでした。最後に子供たちがアルミ箔に入れたお餅を竿につけて、焼いていました。美味しそうです。

大山薪能

昨日と今日は恒例の大山の薪能でした。二日とも良いお天気の下、たくさんのお客様がおいでになりました。

今年から能が1番になりましたが、多彩な神社の儀式のほか、素謡の神歌(翁の素謡バージョンです)、狂言とありましたので、十分な内容だったと思います。

今年で32回目になりますが、このように毎年行われていることは、とても大変なことだと思います。

関係者のご努力のおかげだと思います。今日はご宗家の安達原(あだちがはら)でした。とても素晴らしかったです。

明日は朝千葉の中学校に行き、能楽教室がありまして、そのあと荒磯能で熊坂の地頭を勤めます。明日も充実した1日になりそうです。

続き

殺生石について少し触れたいと思います。

囃子方、地謡が着座しますと、通常は舞台正面に一畳台、つづいて石の作り物が出ます。(竹で枠を作り、布をかけたものです)今回は特殊演出の白頭ということもあり、作り物は出さず、幕を石に見立てる演出で勤めようと思っております。

殺生石といえば、九尾の狐ですよね(きゅうびのきつねで検索しますと詳しく出てきます)天竺、唐、日本にわたり、妖艶な美女に変化し、帝を惑わし国を傾けるという悪事を重ねてた狐です。すいません、この続きは後程にさせていただきます。